私の想い

誰しも、会社を創業されるときには、それが言語化されているか否かにかかわらず、何らかの志(こころざし)をもって創業されると思います。
そしてその志を成し遂げていくためには、ある程度の利益を上げながら会社は成長して行かなくてはなりません。成長が止まれば志半ばで諦めざるを得なくなることにもなりかねません。志とお金は両輪なのです。
また、企業が成長するためには、社長1人がいくら頑張ったとしても限界があります。そこには、社長の志を理解し共に成長しようという自立した仲間(社員)が必要となります。

私は、中小企業診断士として、会社の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家であるとともに、ビジネスコーチとして、社長の志を言語化することで志をより鮮明にし、社員の理解をさらに深めるお手伝いをします。
また、社員に対して、「自立型支援方法」というコミュニケーションによる関わり方を通じて、他責ではなくつねに当事者意識をもって仕事にあたれる社員の育成のお手伝いをします。

このように、私のお手伝いすることは「7つの習慣」(スティーブン・R・コビン著)の中に出てくる「時間管理のマトリックス」でいうところの第二領域「緊急ではないが、重要な事柄」を主に扱います。
多くの場合、人は第一領域である「緊急で、重要な事柄」に追われて生活しているため、この領域の悩みを解消しようとして四苦八苦しています。でも、実は第二領域の課題を解決することが、第一領域の「緊急で、重要な事柄」を減少させることになり、社長が抱える大半の悩みの解消に繋がることになるです!!

ミッション

社長の志(こころざし)の実現と利益拡大を後押しするとともに、社員が働きやすい「良い会社」を創るお手伝いをすること!!

カンパニースピリッツ

安心・安全・ポジティブな場を共有し、共に成長すること!!